三敬株式会社 中国市場進出の日記

中小企業の中国進出ブログ

今注目の山東省威海市を拠点に活動しています

日本の良い商品を、中国市場に紹介していきたいと思います。中国市場に興味のある方は、HPフェイスブック から、お気軽にご連絡ください。

中国の結婚式は日本と全く違っていた

こんにちは。
ロンファミリーコンサルティング竹内です。

今回は中国の面白い結婚式の習慣について書きたいと思います。

 


中国の結婚式には必ずと言っていいほど登場する

婚车」という、花婿が花嫁を迎えに行く車です。

 

また新郎が新婦の家に迎えに行くと、すぐに車に乗り込むのではなく、

まずは一緒に麺を食べる習慣があります。

2人が一緒に、長く愛をはぐくんでいけるようにとの願いが込められているそうです。

新郎と新婦は一緒にリムジンに乗り、結婚式場に向かいます。

 

ご祝儀に関しては、土地やその人との関係、役職によって大きく異なります。

中国では赤い祝儀袋(紅包)に祝儀を入れます。

 

日本では友人ならばご祝儀が30000円くらいと相場があるものですが、

中国では不参加でも招待状などが来て誘われたらご祝儀を払います。

f:id:atsunori_ishida:20180116174809j:plain

ご祝儀の代わりに品物を贈る場合もありますが、

もし友人のご祝儀なら200元(日本円で約3500円)、親戚なら2000元ほど渡します。

 

品物の場合は良く使うお茶の道具や寝具などを送る人が多いようです。
日本とは異なり、偶数は縁起が良いとされているため、

200、600、800、1000などの偶数の金額を入れます。

(400はあまり入れない方がいい)

 

地域によっては、10倍の差があり、地域差の金額はとても大きいです。

 

 

お祝儀を直接本人に渡せるのであれば、

お祝いの言葉を添えてあげましょう。

 

中国語では

 

恭喜(ゴンシー) = おめでとう)

 

白頭到老(バイトウダオラオ)  末永くお幸せに

 

早生貴子(ザイシェングイズ)  子宝にめぐまれますように


タブーの言葉や数字は「3」。

バラバラになるという意味の「」と同じ発音だからだそうです。

 

寿」は日本では「ことぶき」という意味でおめでたい言葉ですが、

中国では「寿命」という意味が強く出てお葬式を連想するので、使ってはいけません。

注意しましょう。

 

 

引き出物は、中国の結婚式では

結婚飴」と「結婚タバコ」が小さな紙袋や缶などに入れられて配られます。

新郎新婦によっては自分たちで袋詰したり、業者に頼んだりします。

 

そして、

食べ物でスイカが出ると、料理がそこで終わりの合図。

司会者から特に何を言われるでもなく、招待客が帰り始めてしまいます。

 

 

一番気になる服装ですが、

男性・女性とも非常にカジュアルな格好です。

スーツにネクタイだと浮いた人になってしまいます。

 

結婚式へ行ってみると、ジャージやジーンズの人も普通にいるそうです。

 

二人をお祝いする場なのでジャージで登場。なんて人もいます。

 

あまりにラフな格好では、

となったらジャケットを羽織るくらいがちょうどいいかもしれません。

 

日本では男性は、黒いスーツに白いネクタイで結婚式に出席する事がありますが、

中国では黒と白のみを着用するのは葬式の色と考えられます。

 

白一色は喪に服する白装束を連想させウェディングの色とも重なってしまいます。

女性は、新婦がお色直しで赤を着用する事が多いので、

赤のドレスを着ていくのはやめた方が良いと思います。

 

中国の結婚式は日本のように厳かな雰囲気はなく

友人が集まって食事をするという賑やかな感じです。

 

なので服装等はあまり気にする必要はありませんが、

ご祝儀が少ないと評判が悪くなると思いますので、

もし中国で結婚式に参加するのであれば、相場とその人との関係を踏まえて

中国人のアドバイスをもらった上で用意するのが良いでしょう。

 

ありがとうございました。

竹内